シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 北方領土はどうなるか

<<   作成日時 : 2018/11/16 15:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

14日、安倍総理は、シンガポールでロシアのブーチン大統領と会談し、日本の北方領土問題について話し合った。

日本の領土であった北海度北の歯舞、色丹、国後、択捉の4島は現在ロシアが管理している。それを返してほしいというのが日本の主張である。一方、戦争によってロシアが獲得した島で自国の領土だから返還の意思はないと、ロシア。日ロの意見が対立している。

14日の首脳会談で、安倍総理が「日ソ共同宣言」を土台にして日本とロシアの平和条約交渉をしようとブーチン大統領に持ち掛けたら、彼も同意した。

「日ソ共同宣言」には思い出がある。今から62年前の1956年、私が高校3年の時、「日ソ共同宣言」が調印された。その中で、歯舞、色丹は日本に返還し、後の2島は平和条約を締結した後に交渉することが書かれた。ところが日本は4島一緒でないといやだと、宣言を実行しなかった。

「日ソ共同宣言」に裏話がある。当時の河野一郎農林大臣がソ連のゴルバチョフ書記長と指しで渡り合った。煮え切らないゴルバチョフに対して河野がテーブルを思い切り叩いた。テーブルの上のコップが倒れて水がゴルバチョフの服に飛んだ。河野は笑いながら謝った。それから2人の話は急展開し、「日ソ共同宣言」がまとまった。

当時の新聞の見出しが今でも記憶にある。「日本外交の勝利」と。今後、果たして、他の2島はロシアに譲って歯舞、色丹を取り返すか。4島一括返還を主張するのか。政府の出方に注目したい。

ラン日誌 11月15日(木)曇り
新都心公園 18:20〜19:10 5.3q

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北方領土はどうなるか シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる