食事―筋肉―脂肪―体重の関係

昨日、尾尻先生から健康管理について次のご助言をいただいた。

〇練習会等の写真から、太ももの筋肉が落ちている。
〇筋肉が落ちると走力も体力も落ちる。
〇改善した方がいい。

夕食後、足を伸ばすと太ももの筋肉の盛り上がないのに気づいた。

食事制限の影響ではないかとおっしゃる。確かに、体重を落とそうと食事にこだわって、体重計に載った後、夕食をする。体重が増えたら食事を抜く。すると翌朝の体重は0.3㎏~0.5㎏落ちる。炭水化物は取らず野菜と果物でビタミン・ミネラルを補給する。ひたすら減量のための食事だった。

間違った考えだとご助言をいただいた。
〇食事を制限すると筋肉量が減る。筋肉量が減ると脂肪を燃やす力が落ちて体重は増える。
〇逆に、筋肉量が増えることで脂肪が燃えやすくなり、減量につながる。
〇タンパク質を多く摂るように、と。

私の考えは単純で幼稚だった。食事を減らせば体重が落ちる。体重が軽くなると走りが速くなると。ただそれだけ。

左り周りをしていたのだ。食事を減らし減量を狙っていたのが筋肉量を落としてしまい、脂肪を増やす結果となり、体重を落とせなかった。反省。

今後は、食事をしっかり食べて筋肉量を増やし体脂肪を減らす考え方に方向転換しよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック