巨人の長野広島へ

プロ野球巨人の長野久義選手が広島に移籍。午後8時のラジオニュースで知った。サプライジングだった。

長野はドラフト1位で巨人に入団。しぶといバットで巨人のリーグ3連覇に貢献。新人王、2011年に首位打者、12年に最多安打、2011年から3年連続でベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた巨人の代表選手だ。

巨人は、今季、広島から丸佳浩(29)外野を獲得、その見返に長野選手を広島に出した。長野選手は34歳。巨人の外野手として9年間活躍した。

その前に、巨人は元エースの内海哲也投手を炭谷銀二朗捕手との交換で西武に移籍させた。内海投手はしぶしぶ巨人を去った。

どんな球団事情かは外部にはわからないが、活躍したベテラン選手をなぜ放出するのか。長野は34歳、丸は29歳。内海は36歳、炭谷は31歳。年を取ると若者と交換というのか。長年、苦楽を共にした連れ合いを老いたら離婚というのか。あまりにも功利主義ではないかと思う。

長野とポジションを争ってきた巨人の亀井善行選手は「寂しい」と語る。次はわが身かと予感したかもしれない。人材を大切にしない組織には熱い絆は生まれない。対岸の火事とは思いたくない。

ラン日誌 1月7日(火)曇り
新都心公園 18:20~19:30 7㎞ ジョギング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック