走るーその基本を学ぶ

アミノバリュウランニングクラブの練習会。沖縄マラソンが終わって1週間なのでA組はガチ走とユル走のコンビネーション練習、私をB組に希望して芝生の上で基礎トレーニング。走り練習を迂回して基礎体力作りに打ち込む。

足上げ、着地、足の出し方、腕の振り方、前進運動の基本を繰り返し練習した。練習を通して、体の柔軟性の衰えを痛感した。脚、腰、腕、肩、背中の筋肉が伸ばない、曲がらない、上がらない、捻じれない。連鎖動作ができない。今のままだと、地震が来たら揺れずに倒れる、台風が来たらしなびず折れる。錆びた建物や老木のようなものだ。

私の体力作りは筋力の強化ではなく体の柔軟性を高めること。今日学んだことは;
〇走る運動は、脚の筋肉だけでなく全身の筋肉が連動して起こる。
〇連動性は、筋肉の柔軟性、反応性、反射力によって効率を増す。

走りの効率を高めるには、脚力だけでなく、肩、腕、首、腰、尻、背中、目、脳のすべての筋肉の動きを柔らかくするのが基本だ。今日のレッスンありがとございました。

ラン日誌 2月23日(土)晴れ
新都心公園 合同練習会 基礎トレーニング




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック