甲子園の選抜大会開会式で学んだこと

今朝、第91回全高校野球選抜大会が開幕した。テレビで開会式を見た。グラウンドの青い芝、満杯のスタンド、入場行進、いつ見ても胸が熱くなる。

32校が出場する平成最後の甲子園。プラカードを先頭に選手達が入場行進するが姿が頼もしい。前を見て、胸を張って、腿を上げ、腕を振り、土を叩く脚。理想とするランニングホームの原型を見た。あの姿を真似したい。

広島広陵高校の秋山主将の選手宣誓が心に響いた。〇汗と涙の仲間、〇支えてくれた家族、〇応援してくれる全国の方々への感謝の言葉。そして、「日本中に笑顔の咲かせます」と誓った。彼の宣誓を紹介して今日のブログに代えます。

「今、私たちはたくさんの方々に支えられて、憧れの場所に立っています。汗と涙のを流しながら励まし合った仲間、いつも支えてくれる家族、応援してくださる全国の方々にありがとうの気持ちで、平成最後の甲子園を最後まで諦めずに、正々堂々と戦い抜きます。そして、高校生らしいハツラツとしたプレーで日本中に笑顔の花を咲かせえることを誓います」

160文字の短い文だが、やさしい言葉で正直に気持ちを伝えている。スピーチのお手本にしたい。

ラン日誌 3月22日(金)曇り
新都心公園 18;30~19:40
ジョギング3.5km と筋トレ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック