シニアライフスタイルの研究

アクセスカウンタ

zoom RSS 新城長有先生死去

<<   作成日時 : 2019/03/29 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝、新聞の死亡広告に新城長有の名前を見つけた。お名前を見て悲しくなった。87歳。琉球大学農学部の名誉教授、沖縄タイムス賞受賞、紫綬褒章受章。私より5歳先輩。

新城先生は、私が大学4年の時、九大の大学院を出て琉大農学部の講師となられた。専門は植物育種学。先生に憧れて私も育種学を専攻することになった。若くて、飾り気のない方で、イネの育種に傾倒されておられた。

イネの花には雌しべと雄しべがあって自家受精するので交雑させるのが難しい。そこで、先生は雄性不稔(おしべが退化する)イネの系統を発見し、1代雑種を作り出すことに成功した。1代雑種のイネは収量が多く、病気にも強い。革命的な発見だったが、当時の日本は米あまりの時代で、多収穫イネに関心が薄かった。だが、その技術が中国に渡り、1代雑のコメの種子が特許登録され、種子戦争の引き金になった。

先生の「雄性不稔イネの研究」論文の英訳をお手伝いしたことがある。先生は石垣市大浜の出身で八重山農林高から琉大へ進学された。先生の旧友には、昆虫学の東清二、植物病理学の田盛正雄、土壌学の大屋一弘の諸氏がおられた。昔の知人・友人である。

生前、功績を讃えられた先生だが死亡広告の友人代表は比嘉秀善さんお一人。寂しさを感じる。告別式に参列しよう。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新城長有先生死去 シニアライフスタイルの研究/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる