太宰府天満宮

福岡県にある大宰府天満宮。学問の神様菅原道真公を祭った神社ということは知っていたが、行ったことはない。地元の人たちの話しによると、人の通りも少なく、静かで散策の場所だという。それが新元号の発表により急に慌ただしくなったという。

新元号「令和」の出どころが万葉集の歌の「梅花の宴」の序文だと伝えられた。「梅花の宴」が1300年前に当時の大宰府政庁の長官だった大伴旅人の邸宅で開かれた。大伴旅人の邸宅の跡に建てられたのが大宰府天満宮である。その由来で新元号「令和」とゆかりの地として名が知れた。

新元号の発表で、大宰府天満宮が聖地となり、静寂な散策地が観光地に代り始めた。元号が平成から「令和」に代わる。それに伴い、世の中のいろんな分野で変化の兆しが吹き出した。カレンダー、印鑑、役所の書類。広告、商品名、社名。人々が世の中の変化に取り残されないようにと知恵の出し勝負を始めた。

元号が変わり、世の中も変わる。われわれも春の気持になりましょう。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック