魔法のような話し

朝、寝床が起き上がろうとすると右の臀部の上の筋肉が痛い。腰ではなさそうだ。動くとチクリと電撃が走る。タンスをつかまえ立ち上がったが、半歩が踏み出せない。こんはずはないと、杖をついて外に出たが、右脚が踏み出せない。上体が右に曲がったままで伸びない。

日曜日だし、どこの病院に行こうかと考えた。今日の門中の清明際にも行けない。来る土曜日の伊江島マラソンも無理だと思った。コーヒーとパンを食べながら座っていると、妻がスプレーを持ってきて、スース―と右のお尻の上にかけてくれた。

座って新聞を読んだ。30分ほどして立ち上がれると痛みが良くなっている。半歩踏み出せる。歩ける。信じられない。ほんとうかと、戸を開けて外にでたら、杖なしでも歩けける。こんな魔法のような話しがあるものかと、自分でもびっくりした。

急に動くとまだ痛むが普通に歩ける。午後からは走れるかもしれない。あまりにも嬉しいのでこのブログを書いた。体の不思議に驚いている。

妻が言うには、寝ている間に血液の流れが悪くなって、筋肉が痛み出しのではないか。喜ぶのはまだ早いよ、と。でも、自分の体を信じるしかない。きっと治してくれる。

備考:〇原因は股関節の炎症ではないか。

    〇痛みが治まったのは、身体の防衛力の働きではないか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック