モデルチェンジで初挑戦

画像
日曜日のマスターズ大会は身体を長距離ランから中距離ラン用にモデルチェンジして臨んだ初の大会だった。

体を基礎から作り直したいと思って、4月から5月にかけて1月半、筋トレとストレッチを重点に練習した。その結果、太ももとお尻に筋肉がき、ファーフット(前足着地・前傾フォーム)で走れるようなになった。

日曜日にグラウンドで応援してくれた方から次のようなコメントをいただいた。
 〇足が上がっている。
 〇前傾姿勢で走っている(従来は直立)。
 〇後半にペースが上がっている。
モデルチェンジの成果が出と思って嬉しかった。

タイムにもその効果が現れている。
 800㍍の記録が3:25:61で、昨年(81歳)の記録より4秒、2年前(80歳)記録より7秒伸びた。スピードが出たのだ。(1500と3000㍍は実践練習不足のためかタイムが伸びなかった)。

これから7月までは筋力アップのトレーニング、8月は1500と3000㍍の実践練習を強化して9月の全国大会の出場に備えたい。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック