鯛(たい)を食べて栄養会

画像

昨日の午後、新都心公園仲間の比嘉さんから電話があった。「栄養会をしたいがらこないか」と。喜んでOKした。

場所は、おもろまち駅近くの魚料理店「大安丸」。車を自宅に置いてからモノレールで駆け付けた。来たのは、照屋(84歳)、比嘉(70歳、仲尾次(82歳)の3人。カウンターに座ってランニング談義。

比嘉さんが注文したのは「マダイ」の頭の煮つけ(兜煮?)。大きな頭と豆腐が添えてある。骨の中から肉をほじくり出して食べる。煮出した汁の味が濃い。白いご飯に煮出し汁をかけて食べた。

魚の知識はゼロに近いのでマダイがどんな魚か、調べてみた。
  〇マダイ(真鯛)は鯛(タイ)の一種で日本の代表各の食用魚である。
  〇千葉県では「タイ」、愛媛県では「マダイ」と呼び、県の魚になっている。
  〇「エビで鯛を釣る」、「鯛やひらめの舞い踊り」という言葉もある。

そうだ。タイ焼きという魚の形をした和菓子もあるね。また、大相撲の優力士が大きな鯛を片手に持つ姿も見る。鯛は目出度い魚なのだ。また、筋肉の持久力向上や疲労回復に効果がり、激しい運動をする人や筋肉をつけたい人にお勧めの魚でもある。


そうだ。照屋さんを見習って坂のラッシュをしようじゃないか。鍛えればもっと伸びるぞ、と3人の意気が上がった。体と心の栄養会だった。

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック