インターハイ女子バスケー西原8強入り

昨日、全国高校総体(南部九州総体2019)のバスケットボール女子の3回戦が、鹿児島県いちき串木野市総合体育館で行われた。西原が三重県の四日市商業を90―85で破り8強に進んだ。四日市商は昨年の3位の強豪校。西原の快進撃に気持ちが弾む。


西原は1回戦で埼玉栄に86-84で勝ち、2回戦は愛媛の聖カタリアナ学園との大接戦の末、残り6秒で逆転勝ちをおさめた。昨日は、ベスト8をかけて四日市商と対戦し5点差で勝った。苦しい戦いの連続だが、粘り強く勝っている。


西原の平均身長は165㎝。長身のチームを相手にスピートと意地で戦っている。今日は、ベスト4をかけて、愛知県の桜花学園に挑む。桜花学園は昨年の優勝校。強い相手で最大の難関だ。ベストを尽くしてプレーしてほしい。U-18日本代表の知名祐里さんの活躍に期待がかかる。胸を膨らまして結果をまとう。



0

この記事へのコメント