山川36号・37嬉しい

昨日の晩、夕食をしながら9時のNHKニュースを見て、あと片付けをし、明日の弁当の準備をしていると、一緒にテレビを見ていた孫が、スポーツニュースが始まるよう、と声をかけてくれた。テレビの前に急ぐ。


プロ野球ニュースはセ・リーグから先、それからパ・リーグの試合のハイライトが放映される。埼玉のメットライフドーム(西武の本拠地)での西武と日ハムの試合。1回に日ハムに先取点を取られたが2回に山川の36号で同点、更に5回、山川が37号2ランを打って勝ち越した。2本とも目が覚めるような豪快なホームランだった。


「良かったね」「すごかったな」と孫と2人で喜んだ。山川のホームランで孫と感動と喜びを分かち合った。スポーツは良いな。ファンの心を1つにしてくれるもの。


琉球新報の1面に記事紹介がある。紹介のトップに「山川36号・37号」べージ19、と書いてある。新聞社も嬉しかったのでしょう。読者に19ページを見てね、とトップで案内してくれる。そこには「山川驚振2発」とある。


あと3発で40号。今週中で達成してね。県民を喜ばして下さい。


0

この記事へのコメント