新安倍内閣雑感

新しい安倍晋三内閣が今日発足する。すでに、大臣の顔ぶれも報道されている。大臣ポスト19の内、17ポストで大臣が代わる。代わらないのは菅官房長官、麻生財務大臣の二人だけ。初入閣が13人。外務大臣と防衛大臣が入れ替わった。


閣内では70代の麻生大臣と菅官房長官が居座り、党内では80歳の二階博幹事長が指揮を執る。政治の背骨は動かないでしょう。38歳の小泉進次郎さんが環境大臣に抜擢され、出世頭の筆頭に躍り出た。


目立つのは石破派と石原派の退潮だ。石破茂さん、石原伸晃さんお二人とも役職を外れ派閥から一人も大臣が出ていない。石破さんは元防衛大臣、石原さんは復興大臣、両人とも幹事長を務め、総裁選挙にも名乗りをあげ、安倍総理と競った有力者である。新内閣の発足で集団から脱落し、本人たちも派閥の議員たちもため息をしているのではないか。鳥取県から総理をと意気盛んだった石破さんの地元の空気が気になる。


大臣の出身地を見ると、神奈川県から菅官房長、小泉環境相、河野防衛相、田中復興相の4人、長崎から江藤農水産相、北村地方創生相の2人。沖縄は0人。


新大臣の布陣を見るだけで、政治の世界の人間関係の巧妙ささが浮かぶ。大なり小なり、人間の集団には似たようなことがある。肌で感じておられる方も多いことでしょう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント