アクティブに生きよう

新聞の読者欄に高齢者の投稿がよく載る。ご意見や生き方など話題は多様だが、中には老後の人生を「寂しい」とか「悲しい」とかと嘆く投稿が目に着く。

読んで、「寂しい」とか「悲しい」とかを吹き飛ばすアクティブな生き方はないのだろうか、と考える。人夫々の事情があるに違いないが、普通に考えると、アクティブとは、自分の体と頭を動かすこと。

その気になればだれにでもできるはずだ。例えば、身の回りを片付ける、掃除する、皿を洗う、食事をつくる、洗濯をする。自分ができることは他人に頼らず自分でしようと考えると。それに、仕事もあるし趣味もある。やることが次から次へと出てくる。テレビを見る時間などない。1日の予定を立てて行動しないと追いつかない。自然に気持ちが引き立ち、元気が出てくる。

アクティブの反対はリタイヤ―。生きている間、身に応じて、できることはいくつもあるはずだ。それを手放した時、リタイヤ―という。レースから離れるから熱意も希望も失う。アクティブで明るく忙しい生き方の習慣をつけたいものです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント