首里城焼失

今朝6時ごろ、息子が1階から駆けあがってきて、「首里城が燃えている」という。信じられない。東側の扉を開けると、炎が見える。「大変だ」「大変だ」としか言葉がでない。首里城は、450年の間、琉球国王の居城であり、政治経済の中枢だった。現代沖縄県の誇りの象徴、世界遺産「琉球大国のグスク及び関連遺産群」の核。沖縄観光の拠点。唯一の宝物を失ったよ…
コメント:2

続きを読むread more

緒方貞子さん逝く

緒方貞子さんが22日に亡くなった。1927生まれの92歳。陰ながらお疲れ様でしたと申し上げたい。緒方さんの曽祖父は元犬養毅首相。33歳で結婚し、1男1女の母親。夫は元自民党副総裁の緒方竹虎氏の3男、緒方四十郎さん。聖心女子大を卒業され、米国のジョージタウン大学、カリフォルニア大学大学院・バークレー校で国際関係論を専攻し博士号を修得した。…
コメント:0

続きを読むread more

川内優輝さんの講演

昨日、那覇市泉先の琉球新報社ホールで川内優輝さんの講演を聴講した。話の内容よりも話の仕方―プレゼンテーションの方法に興味があった。川内さんは、埼玉県庁で10年間働き、マラソンと公務を両立させながら「公務員ランナー」としてマラソンを走り続けた。公務員を辞め、今年、プロのマラソンランナーに転向した。今は、「あいおいニッセイ同和損害保険」の所…
コメント:0

続きを読むread more

川内優輝さんの印象

昨日の久米島マラソンの招待選手として川内優輝さんと奥さんの侑子(ゆうこ)さんが参加された。ハーフのスタート式前の川内さん、招待選手紹介で式台に立つご夫婦の姿を興味深く見た。川内選手はマラソンのテレビ中継では幾度か見るが身近に接するのは初めてだった。世界のトップランナに名前が上がる川内さんだが、直にみると普通の青年だった。うす水色のランニ…
コメント:0

続きを読むread more

第31回久米島マラソン走る

今年のマラソンシーズンの幕明けとなる久米島マラソンを走ってきました。10月の末とはいえ、例年気温が28度を超す暑い日が多かったが今日の午前8時の気温が23度、最高気温が26度と絶好のマラソン日和でした。前日まで気合が入らず、体が湿った感じでだるい。途中棄権の不安もあったが普通通りにゴールできました。予定では、7分ペースで走り2時間20分…
コメント:0

続きを読むread more

95歳のランナーを見習う

昨日の琉球新報のティータイムに拙文が載った。見出しが「95歳のランナーを見習う」。9月に郡馬県で行われたマスターズ全国大会で、95歳の先輩が800㍍、1500㍍を走り、世界記録をつくったという話である。一般の高齢者から聞こえてくるのは、年の話、病気や薬の話。カラオケや囲碁の話。中には、老いを嘆き、悲しむ声も聞かれる。長生きはしたが、寝た…
コメント:0

続きを読むread more

辺野古埋め立ての判決―県の敗訴

昨日、辺野古埋め立に関して、国と県が争う裁判の福岡高裁所那覇支部の裁判の判決がでた。県は辺野古埋め立ての承認を撤回するとした。これに対し、国土交通省は県の承認撤回を取り消すとした。県は「承認撤回の取り消し」は違法であると国を裁判に訴えた。裁判長は、県の訴えは裁判の審査対象にならないと、県の訴えを却下した。県の主張は認められず負けた。県は…
コメント:0

続きを読むread more

辺野古承認取り消しの裁判の判決

天皇陛下の即位の礼が、昨日、平穏に終わった。1時から始まった30分間の儀式をテレビで見た。古代日本の伝統を受け継ぐ皇位継承の儀式だった。途中から雨も上がった。今日の出来事で気になることは、県が政府を相手に裁判を起こしている「辺野古埋め立て承認取り消し」の判決。午後3時に、福岡高等裁判所那覇支部が判決を言い渡す。県の訴えが認められるか、国…
コメント:0

続きを読むread more

今日は即位の礼

今日は天皇陛下の即位の礼が行われる国民の祝日。世界180カ国の大統領や王族らが出席して、午後1時から即位の礼の儀式が行われる。東京で行われることだが、テレビで歴史的な国家行事を体験したい。晩は天皇陛下主催のお礼の晩さん会。外国から参加された方々へのおもてなしのパーティだ。喜ばれるパーティになってほしい。食事、日本のしきたり、文化に触れて…
コメント:0

続きを読むread more

明日は即位の礼

明日10月22日は天皇陛下の即位を祝う国民の祝日で公休日。明日、新天皇が天皇になられたことを世界に宣言する「即位の礼」が皇居で行われる。日本の天皇は世界の皇室のなかでも、“キング”(王)ではなく“エンパラ”(皇帝)と呼ばれる世界でただ一つの王室です。来日される王室の名前を聞くだけでも興味深い。○イギリスのチャールズ皇太子、〇オランダのウ…
コメント:0

続きを読むread more

20日(日曜日)

10月20日(日)曇り 昨日の練習会の疲れがあり起きるにも少し気合がいる。朝、ぼんやりしながらコーヒーとトーストを食べていると、今日の予定が浮かび、のんびしてはおれない気がした。主な予定は:新聞切り抜きの整理来週の土曜日に出発する久米島マラソンの準備(今日で準備しないと時間が取れない)牧市の「りか りか湯」で入浴し筋肉の疲れを癒す。部…
コメント:0

続きを読むread more

ヤッソリレー

今日のアミノバリューランニングクラブの練習会はスピートと持久走のヤッソリレー。先週は峠走で脚筋力を鍛えたので今日はその実践練習である。新都心公園の850mコースを2人ペヤーがリレーして1人10回走る。10回となると少し恐怖を感じるが、ハーフマラソンの試走と思えば勇気が出る。練習のポイントは長距離を走るペース感覚をつかむこと。私の場合はい…
コメント:0

続きを読むread more

“感心”と“関心”

“感心”と“関心”。どちらも“かんしん”と読むが意味が違う(同音異語)。“感心”は、ほめたい気持ちになるときに使うし、“関心”は、興味をもつ、気をかけること。“感心”の使い方が間違いではないかと、新聞の記事の中で気づいた。今朝の沖縄タイムス総合1版(2ページ)に米国訪問中の玉城知事が、議会の要人と面談した後、記者団に語った言葉が記事にな…
コメント:0

続きを読むread more

桜咲くー気象変動の予言か

季節は10月の中旬。秋の気配がするというのに日中の気温は28℃を超す。この時期に桜が咲いたと聞くと、まさかと思うがほんとだ。新聞に写真が載っている。今朝の琉球新報の地方版に、伊江村川平の並里弘安氏(74歳)宅の庭に30輪ほどのヒガンザクラが咲いたと特派員が情報を寄せている。ピン色の花が咲いている写真も添えている。常識では信じられないこと…
コメント:0

続きを読むread more

この問題をどう考える

今朝、職場で清掃を担当するご婦人から聞いた話である。「出勤途中、7時20分のNHKラジオで、東日本のある場所で、野宿者が避難所に入所を申し出たら断れたというニュースを聞いた」。どう思いますか、と聞かれた。「野宿者かどうかの前に同じ人間でしょう」と答えた。すると、「反対論もありますよ」と。反対の理由は何ですかと、たずねたら、「住民登録がさ…
コメント:0

続きを読むread more

峠走の効果

去った土曜日(12日)に本部町の八重岳で峠走をした。八重岳の桜公園から頂上まで勾配9.2度の坂を3.6㎞上った。それから、八重岳入り口から公園までの坂1.6㎞を走った。往復合わせて約10.5㎞。峠走とは走って山に登ることだと思った。走った後は、それほど疲れも感じないし、どこも痛くないが翌日からその効果を実感した。当日の晩は、ふくらはぎが…
コメント:0

続きを読むread more

自然からの警告

台風19号が去った。伊豆半島から上陸した台風19号は、関東地方を横切り13日、太平洋に出ていいた。大地を踏み荒らした巨大怪獣のようだ。テレビが放映する各地の被害のすさまじさに自然の怖さを感じた。16都県で記録的な大雨が降り、大きな河の堤防が決壊し、洪水が平地を襲い大暴れした。気象庁は大雨特別警報を出すだけで、人間の英知も科学技術も兵器も…
コメント:0

続きを読むread more

ボケ話―桜の狂い咲き

昨日、本部町の八重岳峠走に行くバスの中、老人2人の会話が弾む。嘉手川さんは小禄豊見城(昔の地名の呼び方)生まれの85歳、仲尾次は字具志川田場天顔の生まれの82歳。2人の会話はウチナー口のボケ話。嘉手川:八重岳の桜、咲いているかね。仲尾次:今、10月、咲くわけないでしょう。嘉手川:いや、咲いていたとニュースで云っていた。仲尾次:「カニハン…
コメント:0

続きを読むread more

八重岳峠走

八重岳峠走今日のアミノバリューランニングクラブ合同練習は八重岳の峠走。朝、7時15分琉大保健学部前をバスで出発して9時前に八重岳公園に到着。9時15分、山頂に向かってスタートした。登りは勾配9.2度の3.7㎞。頂上まで43分も要した。下りは34分。公園から八重岳入り口まで約1.7㎞下り、折り返して登ってきた。頂上往復の距離が約7.4㎞、…
コメント:0

続きを読むread more

おもしろい本―福久原恒勇著

知り合いの方から本が送られてきた。福原恒勇(ふくはらつねお)さんの「ぼくの目ざわり、耳ざわり」。読み始めるとウチナー言葉の面白さに引き込まれる。沖縄音楽に親しみのある方ならどなたでもご存でしょう。「芭蕉布」を作曲された福久原さんです。作曲家、芸術家と思っていたら、自分は歌をつくる職人だという。音楽にとらわれず落語のように自由気ままに福久…
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル化学賞―剛と柔の発想

昨日(9日)、2019年のノーベル化学賞を日本の吉野彰氏と米国の2人の科学者が受賞するとの大きなニュースがあった。今年は、日本人のノーベル賞受賞は見送られるのでは思ったが思い過しだった。2年連続、27人目のノーベル賞受賞。アジアの小国日本の金メダルだ。吉野氏等は、スマホやノートパソコンに使われるリチウムイオン電池を開発された。ノーベル賞…
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球日本シリーズ進出決定戦へ

今晩はエキサイティングな夜になりそうだ。プロ野球クライマックスシリーズのファイナルステージが今日開幕する。セ・パが対決しプロ野球日本1を決める日本シリーズには、どのチームが進出するか。セ・リーグは巨人と阪神の試合が6時から東京ドーム。巨人はリーグ優勝チーム、阪神はクライマックスシリーズを勝ち抜いたチーム。パ・リーグはリーグ優勝の西武に同…
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジ2:減量

欲が欲を生むとは、こういうことか。ここ数カ月、体重を51㎏に減らそうと努力してきたらできた。今度は、目標を0.5㎏下げて、50.5㎏を目標にした。それもできそうになったので目標を更に0.5㎏下げて、50.0㎏に設定した。昨日はランを休んだので今朝の体重は少し増えて50.5㎏。厳しいかもしれないが、あと0.5㎏の減量を実現したい。体重が減…
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジ月間:(1)マラソンを走る体力づくり

10月をチャレンジ月間して、課題を絞って集中的に取り組みたい。第1のチャレンジ課題は、マラソンを走る体力づくり。10月27日に久米島マラソン、12月1日NAHAマラソン、1月19日NAGOハーフマラソンがある。今年の5月以降、長距離を走る練習をしていない。9月まで3000㍍を中心に練習してきので、体が中距離用に慣れたしまった感じがする。…
コメント:0

続きを読むread more

老いても“ありがとう”を忘れず

老いても“ありがとう”を忘れず去った金曜日に、弟と彼の子二人(息子と娘)で沖縄市泡瀬の介護ホームに親戚のお婆さんをお見舞いにいった。90歳で夫が前日に亡くなったので落ち込んでないかと不安だった。でも元気だった。介護士の方に車いすで連れてこられて、広々とした食堂でお会いした。耳が遠いので大きな声で方言で「しめい」だようというと、最初はボー…
コメント:2

続きを読むread more

自分のアクティブライフとは

僕のアクティブライフとは昨夜、夜中にふと時めが覚めた。頭に閃いた。自分のアクティブライフとはどんなことか、と。今朝、閃いたことを急いで整理してメモした。自分のアクティブライフの例(アクティブライフとは自分の改善したいことにチャレンジすること。したい、なりたいと思うことを実行すること)健康のこと体重血圧筋肉と体脂肪食事免疫力ストレッチと筋…
コメント:0

続きを読むread more

金曜日の1日の行動

金曜日の1日の行動親戚の先輩が亡くなって、出棺の儀式や葬儀の準備で仕事を休んで古里の具志川に行った。パソコンを車に乗せ、時間をみてブログを書くつもりだったが、用事に追われて書けなかったので昨日のことを今日書いた。昨日(4日)の行動:〇6:30 を出てうるま市兼箇段にあるメモリアリル中頭へ。〇7:40 出棺の儀式〇8:30 具志川葬祭場へ…
コメント:0

続きを読むread more

アクティブに生きよう

新聞の読者欄に高齢者の投稿がよく載る。ご意見や生き方など話題は多様だが、中には老後の人生を「寂しい」とか「悲しい」とかと嘆く投稿が目に着く。読んで、「寂しい」とか「悲しい」とかを吹き飛ばすアクティブな生き方はないのだろうか、と考える。人夫々の事情があるに違いないが、普通に考えると、アクティブとは、自分の体と頭を動かすこと。その気になれば…
コメント:0

続きを読むread more

石嶺駅

ユイレール石嶺駅が開通した。首里駅からてだこ浦西駅までモノレールが延長され10月1日から電車が走った。石嶺駅は首里石嶺町1丁目にあり、ユイレール駅の16番目の駅である。 石嶺に駅ができた。嬉しいやら驚くやら。石嶺は首里の郊外に位置し、明治のころに西原村から編入され地域で、もともと、辺ぴな農村地帯だった。1960年頃まで、サトウキビ畑の…
コメント:0

続きを読むread more

消費税10%を乗り切ろう

今日から(10月1日)から消費税が8%から10%に上がった。新聞やテレビの報道をみると、店は「増税前セール」、消費者は「まとめ買い」とマンガのようなてんやわんやの消費税引き上げ前夜の様子が見られた。テッシュウペーパを買い込んだら収納場所に困るおばあさん。ビールをケースで買い込んだら、夫が大喜び。1円でも得しようと思ったのが逆に損をしたと…
コメント:0

続きを読むread more