おもしろい本―福久原恒勇著

知り合いの方から本が送られてきた。福原恒勇(ふくはらつねお)さんの「ぼくの目ざわり、耳ざわり」。読み始めるとウチナー言葉の面白さに引き込まれる。沖縄音楽に親しみのある方ならどなたでもご存でしょう。「芭蕉布」を作曲された福久原さんです。作曲家、芸術家と思っていたら、自分は歌をつくる職人だという。音楽にとらわれず落語のように自由気ままに福久…
コメント:0

続きを読むread more