ボケ話―桜の狂い咲き

昨日、本部町の八重岳峠走に行くバスの中、老人2人の会話が弾む。嘉手川さんは小禄豊見城(昔の地名の呼び方)生まれの85歳、仲尾次は字具志川田場天顔の生まれの82歳。2人の会話はウチナー口のボケ話。嘉手川:八重岳の桜、咲いているかね。仲尾次:今、10月、咲くわけないでしょう。嘉手川:いや、咲いていたとニュースで云っていた。仲尾次:「カニハン…
コメント:0

続きを読むread more