95歳のランナーを見習う

昨日の琉球新報のティータイムに拙文が載った。見出しが「95歳のランナーを見習う」。9月に郡馬県で行われたマスターズ全国大会で、95歳の先輩が800㍍、1500㍍を走り、世界記録をつくったという話である。一般の高齢者から聞こえてくるのは、年の話、病気や薬の話。カラオケや囲碁の話。中には、老いを嘆き、悲しむ声も聞かれる。長生きはしたが、寝た…
コメント:0

続きを読むread more