首里城焼失

今朝6時ごろ、息子が1階から駆けあがってきて、「首里城が燃えている」という。信じられない。東側の扉を開けると、炎が見える。「大変だ」「大変だ」としか言葉がでない。首里城は、450年の間、琉球国王の居城であり、政治経済の中枢だった。現代沖縄県の誇りの象徴、世界遺産「琉球大国のグスク及び関連遺産群」の核。沖縄観光の拠点。唯一の宝物を失ったよ…
コメント:2

続きを読むread more