首里城の安全祈願と投稿

首里城の火災のことを去った7日のブログにも簡単に書いた。それをもとにして文章を練り、8日に沖縄タイムスの「茶のみ話」に投稿したら今朝の新聞に掲載された。600字の文章だが、投稿者が多いので予選を通過して決勝に残ったようなものだ。

「首里城の火災は災害ではなく災難である。災難は不信心(心の怠慢や不用心)から起こる。安全祈願で心をひきしめよう」との趣旨で書いた。

採用された理由は、新聞の「声」には、毎日、首里城焼失の悲しさ、悔しさの投稿文が掲載されているが、私は見方を変えて、安全祈願のことを書いた。視点の新しさが良かったのでしょう。3つの素材を選んだ。①「大龍柱」「屋敷拝願」「首里森御嶽」。言いたいことを「素材に語らしめる」という方法で文章を書いた。

目下、文章の修行中です。相撲の出稽古(でげいこ)のつもりで投稿を続けています。

20191114_075910.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント