ゲーム依存症対策を考える

昨日、神奈川県横須賀にある依存症の専門治療を行う国立の「久里浜医療センター」が、今年の1-3月、全国の10-29歳の男子9千人を対象に1日のゲーム時間を調査し、結果を発表した(27日のNHKニュースウォッチ9、28付の新聞)。それによると;

              〇1日あたり1時間未満:40.1%

              〇2時間―3時間未満 :14.6%

              〇3時間以上     :18.3%

調査対象者の70%がパソコン、スマートホーン、ゲーム機等を使ってゲームしていることが分かった。

中にはゲームにはまり、仕事や生活に障害をきたしている人もいる。子どもには、勉強嫌い、学力低下、不登校、人間嫌い、孤立、社会不適合と負の連鎖をもたらし、人間性を失わせる。このゲーム依存症を「ゲーム障害」と言うらしい。有効な治療法は確率されていない。

「ゲームソフト」を作るのは人間だ。人間が人間を食い物にしているようなものではないか。私は「ゲーム障害」を防ぐ方法として次の3点を提案したい。

  • 「ゲームソフト」の開発を自主的に止めること
  • 青少年の生活に悪影響を及ぼす「ゲームソフト」の開発を公的に抑えること(法的規制又は課税)
  • 青少年が「ゲーム使用抵抗力」を獲得すること。

以上のことを今朝、考えた。ご意見をいただきたい。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント