トヨタ純利益1兆2千億円超え

今朝の新聞の見出しを見て目を見張った。「トヨタ純利益最高1.2兆円」(タイムス経済8ページ、新報4ページ)。トヨタ自動車が7日発表した20199月の半年の決算である。

記事を読んでみた。

○傘下のダイハツ工業、日野自動車を含めたトヨタの今年上半期決算の純利益が1兆2749億円で過去最高。

○売上高は15兆2855億円で過去最高。

○世界の販売台数は545万4千台

20203月期決算の予想では、純利益が2兆1500億円

コメント:

○経費、税金を差し引いた残りの利益(儲け)だ。1企業の利益の大きさに驚く。国家予算の約1%、沖縄県の年間予算(約7千億円)の約2倍に相当する。

○売上高が15兆円だから、利益率は実に8%。高収益率だ。

意見:

○年間2兆円の利益を何に使うのだろうか。もちろん研究開発、内部留保、役員報酬、社員報酬等が考えられるが、利益の一部を社会に還元してほしい(教育とか医療費)。

○利益を生み出したのは、車を買った個々のユーザーだ。

○なんで、社会の富(金)が一か所に集積するのだろうか。もっと、国民に分配する方法はないものか。

○富の分配の経済政策を考えてほしい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント