文章は自分の言葉で書く

成人の日の3連休。せっかくの休みなのに苦い経験をした。

琉球新報の投稿欄「ティータイム」に原稿を書こうとしたがどうしても書けなかった。パソコンを前にして座るが言葉が出てこない。ただ文字を並べただけで内容がない。文章の流れが作れない。悶々とした気持ちで休みを過ごした。

投げようかと思ったが、諦めると次も同じことが起こる。粘って何十回も、書いたり、消したりを繰り返した。モチ米をたたいてモチを作るように、書き直し、書き直ししたら読めるような文章ができた。630字の短い文章だが難産だった。昨日の午後、メールで原稿を送信し、やっと気持が晴れた。

なぜ書けなかったのか。反省し、気づいたことは、〇偉そうな言葉を使おうとすると文章は書けない、〇偉そうなことを言おうとすると文章はかけない。文章を上手に書くには、自分の言葉で自分の思いを素直に分かりやすく書くことだ。書くのに苦労したが良いことを学んだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント