本部高校のレジリエンスに期待

センバツ出場の夢が叶えられなかった本部高校。昨日発表されたセンバツ出場校の21世紀枠3校の中に本部高校の名前はなかった。残念だった。

一番悔しかったのは、学校、地域、沖縄の夢を担って練習に打ち込んできた本部高校野球部員なのでしょう。でも、「まだ、甲子園に行く時期じゃない。悔しさをエネルギーにまたやって行こう」と部員を励ます宮城監督の言葉(新報25日)に救われた思いがする。

レジリエンス(resilience)という言葉を思い出した。 回復力、復元力、再起力,再現力いう意味である。①外的な衝撃にも、ぽきっとおれることなく立ち直ることのできる力。②ストレスのある状況や逆境に耐えて、回復へ導く力。例えば、台風で倒れたサトウキビがもち直して再び青々と成長する姿をレジリエンスというのでしょう。心理学では困難や逆境を切り抜けて再び成功に導く心の強さのことである。

何かうまくいかないことが起こったときにそれをどのようにとらえるか。本部高校の野球部員は「まだ力が足りないからだ。夏は実力で甲子園を取に行くぞ」と逆境をプラスにとらえて再起のエネルギーに変えた。彼らのレジリエンス(折れない心)に夏の期待がかかる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント