馬歩(ばほ)と体験

馬歩(ばほ)。字を見たことも耳で聞いたこともなかった。昨日、始めて知った。琉球新報の連載小説「宗棍」(そうこん)(12回)を読んでいうると、照屋築登親雲(てるやちくどんぺーちん)が空手の修行を志す松村宗棍に「馬歩」の訓練を課す場面がる。両脚を広げ腰を落として立つ姿勢である。挿絵があるからすぐわっかた。スクワットのことか。スクワットな…
コメント:0

続きを読むread more