コロナウイルスと免疫力

県内のコレラウイルス感染者の一人が陰性となり、23日現在感染者は2人になった。最初に感染が見つかった方は60代女性のタクシー運転手。2例目も60代男性のタクシー運転手、3例目が南部の80代の男性。最初に感染した女性患者は指定病院に入院していたが、体調がよくなり22日、23日の検査の結果、陰性とわかり23日に退院した(23日県発表)。明るいニュースだ。

治療薬も治療方法もないのに、体内に侵入したコロナウイルスがどうし消えたのか。想像だが、体細胞に入り込んだコロナウイルスに体内の免疫細胞が総攻撃をかけて退治したと考るしかない。人の体内には目には見えない自己防衛本能が息づいていることを示す好例でしょう。

マスクをしたり手洗いをしてもコロナウイルスは予防網をくぐり抜けて人体に侵入する。どこにいるかも分からずゲリラ戦のようだ。今のところ地上戦では勝ち目がない。闘いの最後の砦は個人の免疫力に頼るしかないのが現状である。コロナウイルスの予防はもはや他力本願から自己防衛に切り替えないといけない。今こそ、栄養、運動、休養の生活習慣を見直し、免疫力の強い身体をつくりましょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント