卒業式はどうなるか

3月は、小学校、中学校、高校、大学の卒業式のシーズン。めでたいはずの卒業式だが、今年は様変わりしそうだ。

コロナウイルスが大人だけでなく、子どもにも感染が広がろうとしている。集団生活の代表である学校で感染が起こると影響は大きい。どうしても学校での感染を阻止しないといけない。年間の大きな行事である卒業式をどうするか。

県教育委員会は、昨日、卒業式は参加人数を少なくしたり、時間を短くしたりして開催するよう小中校に通をだした。「一律に自粛を要請しないが、工夫して行いなさい」との内容だ。学校の判断で決めて下さい、となっている。

さて、学校はどうするか。卒業式を行うのか中止するのか。記念の卒業式だから行うべきだが、ウイルスの感性は怖い。二者択一の決断を迫られている。おそらく、リスク回避を優先して、中止する学校が多いのではないか。虎穴(こけつ)にはいる勇気ある校長はいないでしょう。虎穴に入らずんば虎子を得ず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント