比嘉復活戦の勝利喜ばず

元WBCフライ級王座の比嘉慎吾が、昨日、後楽園ホールで、フィリッピンのバンタム級の選手と復活戦を行い、6回2分25秒でTKO勝ちした。今朝の新聞で勝利を知って、“やった”と喜んだ。応援団が喜ぶなかで、比嘉の心は曇りがちだった。試合後の比嘉の言葉を新聞から拾ってみた。〇パンチは見えているが体がついていかない。〇闘争心が自分にはないようなき…
コメント:0

続きを読むread more