高齢者を元気にする仕事

今月末で現職を退職したい。金曜日(13日)に退職願いを出した。仕事人生に区切りをつけたいと思う。

前職場で25年働き60歳で定年(第1期)、その後、現職場(学校)で19年勤務した(第2期)。植物に例えると、1期は成長期、第2期は成熟期だった。次は収穫期を迎えたい。残された自分の時間を世の中のため人のために少しでも役立つ仕事に使いたいと思う。

WHO(国際保健機構)の定義によると、65歳以上の人を高齢者と呼ぶ。その内、65歳―74歳の人を前期高齢者、75歳以上の人を後期高齢者と定義している。しかし、年齢による高齢者のイメージは国によっても個人によっても違う。高齢者と言っても元気な高齢者もおればいろんな原因で元気をなくした高齢者もいる。

元気な高齢者はますます元気に元気でない高齢者は元気になってほしい。精神的にも体力的にも高齢者の元気を応援する人に私はなりたい。それが第3期の仕事ではないかと考えた。「高齢者を元気にする物語」を発信できないものかと。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

uehara
2020年03月15日 21:44
仲尾次先生、お仕事、卒業おめでとうございます。
長い間、お疲れ様でした。
でも仲尾次先生の人生はまだまだこれからだと思っています。
私のほうは母の介護や仕事の都合により、ランニング練習は
休止していますが、4月からランニング練習を再開したいと思っています。
また新都心公園でお会いできたらうれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます。
2020年03月16日 10:02
仲尾次
2020年03月16日 10:07
ありがとうございます。
お母さんのお世話ご苦労様です。上原に良いことがありますように祈っております。
これから新しい人生を開拓したいと思っております。
新都心でお会いしましょうね。