彼岸と春分の日

今日は「春分の日」。朝、妻がリンゴ、バナナ、和菓子を皿に盛り、仏壇とヒヌカン(台所)にお供えをしている。今日は彼岸だからね、と。幼少のころ、祖母がよく言った。「彼岸のしちいり(節入り)だよう」、「彼岸のウサギ物(お供え)をしないと」と。何の意味か、その当時は知らなかったが「彼岸」という言葉は今も記憶に沁みている。畑に大根の白い花が咲いて…
コメント:0

続きを読むread more