人にたまし(魂)を入れよう

黒川弘務東京高等検事長が昨日、安倍首相あてに辞表をだした。コロナ予防緊急事態宣言中に新聞記者と賭けマージャンをしたことがばれたからだ。

黒川氏は今マスコミで脚光を浴びている人。東京地検検事長で、去る2月で63歳の誕生を迎え定年退職するはずだったが、政府は検察庁に欠かせない人材と評価し、半年間、任務を延長した。次期検事総長の噂が高かった。

彼の辞表は閣議で承認され、天皇陛下の決裁を得て決まる。どんなに地位が高い人かが伺える。だが、検察庁の頂上である検事総長に登りつめる直前に足をすべらして転落したのだ。

そんな偉い人が、どうして国民がステイホームを余儀なくされているときに、集まってマージャンをしたのだろうか。それが反社会的な行いだということに気付かなかったのだろうか。庶民には理解しがたい。沖縄の古老ならいうでしょうね。「たましがない」(「魂が入っていない」と。成長するにつれて親は子によく言った。「たましいりよ」(魂を入れなさい)と。

社会的地位が高くなろうと、人間に魂(内面の充実)がないと砂上の楼閣になりかねない。心したいものだ。


mail to shimeinakaoji1937@gmail.com

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント