山田敬蔵さんからのバトン

山田敬蔵さんが亡くなった。ランナーズ7月号に「山田敬蔵さん」追悼の記事を見て知った。去った42日、92歳でこの世を去られた。なんのゆかりもない方なのに心の絆でつながっていた。

私は「山田敬蔵」の名前を67年前、中学校3年の時から憶えている。山田さんが1953年のボストンマラソンで優勝した時、私は中学3年生だった。その記事を「中学時代」(旺文社)という雑誌で読んだ。「2時間1851秒」“世界最高記録”の見出しに心を躍らせた。「2時間1851秒」の記録はそれ以来83歳の今も頭から消えない。

山田敬蔵さんは、秋田県大館市の出身で1926年の生まれである。私は1937年沖縄の生まれ。山田さんは81歳でフルマラソンを引退したが、引退後も走ることを日課とされた。身長157㎝、体重44㎏の体形もやや似ている。私は83歳でフルマラソン引退を決めた。マラソンの記録は山田さんに及ばないが、92歳の命の記録を破りたい。それが山さんから引き継いだバトンだと思う。これからも走り続けたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント