豪雨発生防止法の研究

福岡、熊本、長崎、佐賀、大分、宮崎の九州全域に大雨が降り続き、河の氾濫、山の土砂流が民家を押し潰し街が水に溺れている。貴重な財産を奪い地域を破壊する悲惨な光景に心が痛む。一方の沖縄ではセミが鳴き青空が広がるというのに。なんと不合理なことだ。

梅雨の時期になると九州地方は毎年大雨に見舞われる。梅雨前線が活発になり、積乱雲が発生して大雨を降らすからだという。人間は大雨の予想できても食い止めることはできない。人々身の安全を守るため逃げることしかできない。気象のしわざに人間の無力さが暴かれる。テレビやラジオも大雨警報を発して命を守るために逃げなさいと、叫び続けるだけである。

私は思う。どうして、豪雨の要因となる積乱雲の発生を回避させることはできなのかと。気象学者が知恵を出して積乱雲発生のメカニズムを解明し「発生させない」方法を考え出してくれないかな。「防災対策」より「防災予防研究」を優先させてほしい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント