アメリカの大統領選挙

コロナの次に注目されるのが11月に行われるアメリカの大統領選挙。

民主党は23日、ウィシコン州ミルウォキーで行われた党大会で大統領候補にジョー・パンディ、副大統領候補に女性のカマラ・ハリス上院議員を選んだ。共和党の大統領候補にはトランプ現大統領が選ばれるだろうが副大統領候補にだれを指名するか、824日~27日のノースカロライナ州のシャーロットで開かれる党大会で決まる。

世論調査の支持率では、現在、パンディ氏がリードしているが予想はつかない。前回の大統領選でも前半はクリントンがリードしたがトランプが逆転した。パンディ候補の「融和社会」の主張に国民がどれほど共鳴するかだ。ハリス福大統領候補は指名受託演説で「We want to have President who brings us together(我々は国民を融和させる大統領が欲しんだ)と訴えていた。

パンディ氏の国民融和の主張に、トランプ氏は、共和党(GOP・グランド・オルドパーティ)の価値観である自由・自立・勤勉を信条とする伝統的な強い国づくりを目指す。私は、トランプ氏のリーダーとしての決断力と実行力に好感を抱く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント