下地作業(したじさぎょう)

住宅の外壁の塗装工事を業者に依頼して1週間が経つ。外壁のペンキを塗り替える工事だがその気配がない。今、どんな作業をしているのと作業員に聞いたら、「塗装するまえの下地作業をしています」と話してくれた。

「下地作業」(したじさぎょう)。初めて聞く。作業員たちの仕事の流れを垣間見ているとその意味が分かった。初めに、①ワイヤーブラシで外壁の古い塗料をはぎ落す、②ひび割れを補修する、③汚れや錆を取り除く、④高圧洗浄機で壁を洗い流す。⑤防水用の塗料で壁の表面をコーティングして「下地作業」を終える。最後にペンキを塗って仕上げる。ペンキ塗りの前の仕事行程を「下地作業」というのだ。

女性が洗顔し、ファンデーションで肌を整え、それからお化粧をする流れと似ている。「下地作業」は表面には表れないが、塗装の美観と耐久性を決める大事な作業だ。

私は思った。どのような仕事でも勉強でも「下地作業」が土台だ。「下地作業」を手抜きして先を急ぐと良い仕事はできない。今日学んだこと。「仕事の良否のカギは下地作業にあり」。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント