ラミレス監督の語録

昨日、横浜スタジアムで行われたDeNA対中日の試合でDeNA3-0で中日に勝った。勝利の立役者は神里だった。神里は2番センターでスタメン出場し、初回センター前ヒット、41塁内野安打、6回レフト前2塁打、8回ライト前2塁打。4打席立って4安打、2打点、盗塁1でチームの勝利に貢献した。題字は大きくないが「神里4打数4安打」と新聞に出ている。

勝利インタビューでラミレス監督が語る。「我々が知っている神里が帰ってきた。今日は彼がヒーローだ」と神里の活躍を讃えた。監督の嬉しい、喜ぶ気持ちがよく伝わる。

ラミレス監督の日本語は上手ではないが、自分の気持ちを素直に表現するから魅力がある。平良が好投したときは「奇跡だと」と褒めた。730日の巨人戦で代打の嶺井が2死から同点のタイムリーを放った日もミラクルヒットだと語る。

日本人監督の勝利インタビューを聞くと、当たり前のこと以外のことばはあまり使わない。本音を聞きたいのに言わない。ラミレス監督のように少しワサビの効いた話をしてくれると面白いのに、と思う。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント