秋晴れとコロナ

今朝、つっかけを履いて外に出る。空青く、光輝き、風静。しばらく顔をあげて空を眺めた。こんな日を秋晴れというのでしょう。爽やかな朝だ。那覇の天気は最高気温29度、最低気温が25度。

今日は10月の17日、第3土曜日。例年だったら運動会シーズン。子どもたちが半ズボンに白いシャツ、赤や白の帽子をかぶって急ぎよく登校する。待ちに待った運動会だ。運動場は子どもたち家族の人たちで大賑わい。

弁当時間。お父さん、お母さん、幼い子、おじいさん、おばあさんが手作りの弁当を囲むと演技をおえて子どもがかけこんでくる。“よくできたね”と笑顔で迎える。学校の庭に家族の縄張りができる。今年はそん光景がない。

運動会の音も聞こえず通学路に子どもの姿はない。コロナが子どもたちの活動、家族の運動会の家族団々を奪ってしまった。秋祭りとか豊年祭などの行事もない。人の動きが微細なコロナウイルスに阻まれている。コロナが憎らしい。早く消えてしまえと秋晴れに思う。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント