遅咲きの偉人伝  

昨日は朝から6時まで部屋の本の整理に集中した。本棚の本を残すもの、捨てるもの、中古書販売に出すの3つに分けて整理した。残したい本を5つの種類に分けて本棚に収めた。①教養・エッセー、②人生・生き方、③文章の書き方・プレゼンテーション、④健康・体力づくり。⑤記録・資料

本を手にすると自然に立ち読みする。一度読んだ本だが、読み直してみる宝物が詰まっているのを発見する。前に読んだ時より内容が新鮮で輝いている。手放せないので読み返している。

その一冊が「遅咲き偉人伝」・人生後半に輝いた日本人。松本清張は40歳で小説を書き始め、勉強しながら書き、書きながら勉強し、82歳で没するまで書き続け、膨大な作品を発表した。遅咲の偉人である。

「歳をとって、よく人間が枯れるなどといい、それが尊いように言われるが、私はそういう道はとらない。それは間違っていると思う。あくまでも貪欲にして自由に、この世をむさぼっていきたい。仕事する以外に私の枯れようなんてないんだな」(本より引用)。

この歳まで平凡に生きてきた。これからでも花を咲かせるかな、と思いながら読んでいる。森繁久彌、与謝野晶子、牧野富太郎、徳富蘇峰、他の伝記と続く。


 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント