遅咲の80歳

昨日、本棚を整理していると思いがけないデーターが出てきました。

今から3年前(2017年)の730日、県総合運動公園陸上競技場で行われた第37回沖縄マスターズ陸上競技選手権大会の資料です。午前9時の気温が33.0度、湿度73%、1300の気温34.0度の真夏日でした。

M8080歳―84歳)の800m、1500m、3000mに出場しました。1500m3名エントリーしたが2人が途中棄権し1位になりました。タイム:658.47。なんと、それが大会記録、沖縄県記録でした。亀浜敏夫さんが2009年に作った記録を8年ぶりに更新したのです。亀川敏夫さんは現在90歳代800㍍、1500㍍の世界記録保持者です。

また、M803000㍍の出場者は1人。タイム、1452.69。大会記録、沖縄県新記録でした。1000㍍ラップタイム441。上間哲夫さんが2009に出した記録を破っての新記録です。

80歳になるまで1度も表彰台の1位に登ったことのない自分がお二人の偉人の記録を破る記録をつくるなんて遅咲の1輪なのでしょう。これで終わりにしたくない。毎年、花を咲かせ続けたい。「遅咲き偉人伝」を読みながら心を躍らしているところです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント