老後の貯蓄は筋肉老後の貯蓄は筋肉老後の貯蓄は筋肉

朝シャワーを浴びるとき、左脚を曲げて腰の位置まで引き上げタオルで洗った。太ももの筋肉が引き締まってひねり厚く見える。手で触れると弾力がる。その時、ふと思った。筋肉は老後を支える貯蓄だと。

歳をとると筋肉が落ちる。運動する力が衰え、寝たり起きたり、立ったり座ったりする日常の動きも鈍る。老衰の始まりだとよく言われる。自分の身にも当てはまる。このままだと坂を下るようなものだと気づいて80歳の坂で向きを変えた。

ほぼ毎日、ジョギングをする前に体の節々のストレッチと筋トレをしている。ポイントは脚の筋肉(ふくらはぎ、太もも、裏側の筋肉)とお尻周りの筋肉を鍛えること。主に、2分間のスクワット(両足を開いて腿を水平に曲げ腰を下ろして静止)、次にラウンジ(20歩)。下半身とお尻周りの筋肉に負荷をかける。それと、足を引き上げて坂道を登る。

それだけのことだが、効果は大きい。ズボンや靴下も片足を上げて履ける。寝起きや立ったり座ったりが楽になった。歩きも速くなり駅の階段もすらすら。体の屈伸、横曲げ、腕の上げ伸ばしが滑らかになり若さを取り戻した。筋トレの恩恵を実感している。

生きている間、自分の足で歩き他人の手を借りずに生活したい。それには、筋肉の蓄えが必要だ。老後の貯蓄は筋肉。筋肉を増やし強化しましょう。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント