高校出ルーキー初登板・初先発

今年3月興南高校を卒業したオリックスバッハローズの宮城大弥(ひろや)投手が昨日、楽天イーグルスとの試合で、先発投手となり初マウンドに上がった。高校出ルーキーの初登板そして初先発として話題をよんだ。同期には、昨年の夏甲子園で名をあげた石川星稜高校の奥川(ヤクルト)投手や岩手県大船渡高校の佐々木投手(ロッテ)がいる中で、一足先にデビューした。デビュー戦が注目されたが上々の出来ばえだった。

結果は、5回まで投げて2失点、99球、被安打7,奪三振4,与四球3だった。試合は9-2でオリっクスが勝った。圧巻は、1回裏、1死後に楽天の4番浅村を空振り三振、5番和田を見逃し三振に打ち取った場面だった。プロ初の三振を楽天のホームラン打者浅村から奪った。将来を暗示させる天のお告げのように感じた。

焦ることはない。実力をつけてオリックスのエースに成長してほしい。沖縄の星になってほしいと願っている。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント