高江洲登さん逝く

今朝の新聞のお悔や欄の片すみに高江洲登さんの名前があった。悲しくもあり寂しくもなった。930日に永眠しましたとの短いお知らせだった。具志川(現うるま市)の同郷で親戚でもあり尊敬する先輩であった。

彼の祖母と私の祖母が姉妹。祖母に連れれてよく行き来した。登さんは前原高校で野球ではピッチャでバスケットの選手、三段跳びの県トットプだった。

具志川中学校2年の時、高校を卒業して代用教員となり、英語を教えられた。本読みが上手だと褒められた。とても嬉しかった。

法政大学に進学し、卒業後は前原高校の英語の先生となり、また、野球部の監督となり、1973年(47年前)春夏連続甲子園に行った。

定年後は、沖縄県高野連の役員になり、高校野球の全試合のデーターを収集して、沖縄高校野球の生き字引と称された

登さんは若い時らから野球に没頭し、盆正月でもほとんど会えなかった。定年後、お宅でお会いしたら「おう、シメイ君」といってとても懐かしそうに接してくれた。私も息子たちも野球をしていたので「高江洲登」は親戚だよ、と誇りにしていた。87歳で亡くなった。4歳しか年の差がないが大先輩に見えた。思い出が1つ消えた。





 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント