自助の精神

自分のことは自分でする。他に頼らない。そういう意味の自助という言葉は、今は、あまり好まれない。世の中の風潮が他人依存に傾きつつある。昔は自助の精神が尊ばれた。

小学校6年生の時、山城宗雄校長先生から教わったことばが「天は自から助くる者を助く」でした。自分の未来は自分で切り開く。その言葉がこれまでの生き方を支えてきたような気がする。「Heaven helps those who help themselves

菅総理の「公助・共助・自助」の国づくりの理念に共感した。今の日本は「自助」の気持ちが低下している。国民相互の自助の気持ちこそが国づくの基本であると考える。その趣旨のことを書いて投稿したら今朝の新報に掲載された。

さっそく、そうだ!という感想も電話でいただいた。ご一読ください。

自助の気持ち新報10月11日.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント