オクラのごとく生きる 

86歳のお年寄りの声である。「もうお迎えがきてもいいころだね。毎日が同じような生活の繰り返し。訪ねてくるくるひともいない。親しい友人たちもこの世をさった。毎日がわびしいく寂しい」老いた人生の心の声が聞こえる。まだ、その境地になってことはないので実際のことはよくわからないが、もったいない人生だと思う。人の一生は短い。夢のある老後を生きてほ…
コメント:0

続きを読むread more