コンテナ船エバーギブン離礁

今朝、心が動いのは「スエズ運河で座礁したコンテナ船エバーギブン」が動き出したというニュース。新聞のニューにホットした。

23日、コンテナを満載してエイプトからヨーロッパに向かう途中、スエズ運河で座礁したエバーギブン。船首を岸に向け、船体が運河を塞いだ。400隻以上の船が通行止めにあった。東北自動車道で事故が起こり渋滞したような状況を想像する。

エバーギブンは、船長400メート、幅59メートの巨大なコンテナ船。写真で見ると海に浮かぶお城のようだ。愛媛県今治にある正栄汽船の所有で、22万トンを超える世界1大きなコンテナ船である。

巨大な船体をどう動かすのか、事故を解決するのかと不安を感じていた。今朝の新聞によると、タグボートで引っ張り、船尾が100㍍動いたという。船が横向きなったのだろう。エジプトの運河庁が「脱出作業が成功した」と発表した。さらに、日本時間の30日午前1時から6日ぶりに運河の通航が再開したと、インターネットが伝えている。

離礁成功のニュース知って安堵した。遠いアフリカでのこと、自分とはなんの関係もないことなのになんで心が動か。不思議だ。自分でも分からない。沖縄の人のチムククルというものだろうか。博愛精神というものだろうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント