具志川商が福岡大大濠を破る

新聞で「具志川商が福岡大大濠」破るの記事をみて、ぱっとでた言葉は“いったいなにが起こっているのか"だった。

昨日,大分市で行われた春季九州高校野球大会の準決勝で、具志川商業が福岡大大濠を破って決勝に進んだ。福岡大大濠は甲子園の選抜大会でベスト4に残った強豪高校だ。具志川商が負けた相手である。具志川商は去年の秋の九州大会でも負けている。今度も勝てるとは予想もしなかった。それが、8-0で7回コールド勝ちだ。

具志川商の先発は、春選抜ではベンチ入りもできなかった背番号15の山田投手。福岡大大濠に2安打しか許さず完封したのだ。魔法のようなデビュー。打っても12安打、ホームラン1本。福岡大大濠に大勝した。大相撲なら小兵の炎鵬が横綱大鵬を押し出したようなものだ。

言えることは、具志川商には勢いがある、若さがある、選手が燃えている。それがツキを呼んだとしか思えない。成長するものは強い。私の経験値である。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント