未来に向けて生きよう

今日の琉球新報に出ている香山りかさんの「沖縄戦思いはせて」“忘れてならない過去”と題するコラムを読み、これはおかしいと思った。

623日の慰霊の日に因んで書いたのでしょう。1945623日は沖縄戦を指揮した日本軍の牛島実司令官と長勇参謀長が自決した日である。県民10万人以上が死んだ。当時、中学校、師範学校、女子師範学校の生徒が戦闘に駆り出されて死んだ。私は6歳だったが生き残った大人から沖縄戦の惨めな話を聞いた。若くして命を失った16-18歳の若い学徒たちのことを思うと胸が痛む。可愛かった妹も優しかった叔父も死んだ。私は戦争のことを思い出したくない。

香山さんは沖縄戦のことを忘れてはいけないと強調して、コラムの最後にこう述べている。

“過去にこだわり、自分を見つめ、後悔や反省をする「後ろ向き思考」。今、私たちに本当に必要なのは、むしろこちらではないだろうか」と結んでいる。沖縄の人に「過去を見つめて後ろ向きに生きなさい」と説く。

私は異を唱えたい。後ろ向きではなく、“過去を踏まえ、過ちや悔しさは未来に向けて努力しることで償おう”。過去に思いを馳せるのではなく、未来に向かって思いを馳せたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント