パルスオキシメーター(Pulse Oximeter)

昨日、歯科医院に行った。受付で体温を測り、左手の人差し指の先を洗濯はさみのような器具で挟む。10秒ほどすると外してOKという。何を測っていますかと、たずねると酸素濃度を測っていますと言う。それだけでは意味が分からないので帰宅してパソコンで調べた。

あの器具をパルスオキシメーター(Pulse Oximeter)という。パルスは脈拍、オキシは酸素のoxygen。血液の赤血球の中にあるヘムグロビンが含んでいる酸素濃度(血液酸素飽和量)を測る器具で、コロナ感染の有無をチェックしたのだ。コロナに感染すると血液中の酸素量が減る。重症化とよく聞くが、血液中の酸素が不足して呼吸困難となり呼吸不全に陥ることなのだ。

パルスオキシメーターはスポーツ選手の体調管理にも使わる。疲労、睡眠不足などで血液中の酸素濃度が下がると体調が悪くなる。酸素飽和度の値が9699%なら正常、それ以下だと不調と診断される。

昨日の私の飽和酸素濃度は98%だった。ほぼ最高値(99%)に近い。走って心肺機能を鍛えているからだと思った。コロナに感染しても重症化しないために運動が必要だということが理解できた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント