身と心の躍動感―若さの秘訣

老いた人とはどんな人を指すのでしょう。「老い」とは年とともに身体の機能が衰えることだと思うが、医学的な特徴は医者でないとわからない。だが、目で見た外見のなら一般の人にもわかる。私は一見して躍動感があるか否の印象で判断する。

躍動感のある高齢者の特徴は:

 ○生き生きしている、○ぴんぴんしている、○活気に溢れている、○心が弾んでいる、○生気がる、○力強さがる。きっと、心の持ち方が情熱的で前向きなのでしょう。


躍動感のない高齢者の特徴:

○よわよわしい、○活気がない、○活力がない、○気力がない、○感動がない、○わくわく感がない、○共感がない。心が萎(しぼみ)、生きる情熱が冷めたのでしょう。

このように、人は体と心に“躍動感”がある限り若い。

植物を見ると、水が不足してしおれた状態になって草や花でも水をやると再び生気を回復する。人間も同じではないか。身体は老いても手入れすることで若返させることができる。体験を通して知ったことである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント