オリンピック野球―日本逆転

28日、オリンピック野球の初戦、日本(侍JAPAN)対ドミニカ共和国の試合が福島県あづま球場で行われた。その試合を8回からみた。

日本は7回表に2点を取られ、その裏に日本が1点を返して、1-2のまま最終回。9回表さらに1点を追加され、1-3。その裏だった。1アウト、ランナー無しとなったが、そこから日本は粘った。甲斐選手のスクイズで同点。ドミニカのベンチが浮足立つ。なお満塁とし、坂本選手のセンターオーバーで逆転さよなら勝ちした。

最後まであきらめない。ピンチを耐える、チャンスで粘る。まさに、勝利の方程式を地で行く試合だった。窮地から形勢を逆転する。この後も、耐えて逆転する野球を見せてほしい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント